一戸建てとマンションの良さ

さいきん住宅に興味が出てきましてネット情報を入手してはいろんな物件を見てまわっています。このあいだ不思議な物件を見学してきました。見た目はマンションなのですが玄関を開けると2階への階段がありまるで一戸建て住宅のようでした。建築形態はマンションで縦の1階と2階部分を賃貸、または売り出しているそうです。これはすごく賢いと申しますか両方のいいとこどりで気密性、セキュリティ、耐震面においても期待できそうだと感じました。
一戸建てとマンションの良さは、良く住宅系の情報誌のタイトルにもなっているぐらい、永遠のテーマではないでしょうか。不動産を購入する際、その後の生活が色とりどりに素晴らしいものになるように購入すると思いますが、それでも、資産価値が上がれば売って少しでも儲けたいと思うのが人の心だと思います。なので、資産価値が下がらない、むしろ上がる、物件はどちらだろうと考えて皆さん購入すると思います。もちろん、それは戸建かマンションかの比較だけではなく、その立地やどちらにしろ良い物件という事が大きく関わってくると思いますが、それでも戸建とマンションとではどちらが資産価値があるのかと迷う人は多いと思います。 新しく家を買うとなったとき、まず選択肢にあがるのは一戸建て住宅か、マンションかということではないでしょうか。もちろん都会か郊外か、駅に近い場所かそうでないかで、選択できる住宅形態にも限度があると思います。しかし、通常では家を買うのは一生に一度か二度程、それほど多くないことですから、後悔の無い住居を選びたいものです。賃貸ならば引っ越すということも容易ですが、一戸建ての持ち家となるとそう簡単に引っ越すことも難しいからです。一戸建てかマンションかを選ぶときに一番考慮にいれなければならないのは、家族に小さな子どもがいるかどうか、です。これから子どもを生む選択肢があるのか、生涯DINKSや独身でいくのかで、一戸建てかマンションかを選択する幅が出るのです。やはり小さい子どもがいる家庭には、一戸建てはお勧めだといえます。マンションでも1階ならば平気かといえば、マンションの構造によっては、上の階に振動が響くということも大いにありえるからです。特に男の子は動きが活発な傾向がありますので、年がら年中「静かにしなさい」と注意するのは、お子さんにもご両親にとってもストレスになりうるからです。ある程度お子さんが大きくなり分別がつくようになれば、マンションという選択肢も視野に入れてよいと思います。お子さんが成長し進学という面を考えると、駅に近い立地というのも好条件になります。もちろん駅に近い一戸建てもありますが、そういう利便性の良い場所は購入価格も跳ね上がるものです。大きな買い物とはいえ、自分の支払い能力を超えた買い物は控えるべきでしょう。また一戸建て、特に庭付きの住居などはメンテナンスも自分で行なわなければなりません。そういうことが苦でなければ良いのですが、時間が無かったり、作業自体が嫌いだったりする場合は大変です。マンションならそのようなメンテナンスを行なう必要がないというのは大変なメリットになります。上記や経済的な面、立地やメンテナンス等を考慮し、後悔の無い住居を選択したいものです。

別府 住宅ならサン・タナカが提案します。
2102

マンション・戸建ての増改築

大抵のマンションでは改装に制約が設けられているほか、騒音などの関係から申請が必要となる場合があり手間がかかると言えます。一戸建てに関しては改築・増築の関しての自由度が高く、家族が増えた際にも安心して対応することができます。戸建に関しては自分自身だけの空間ですから近隣にさえ配慮すれば工事内容も自由に決めることができるという点では自由度が圧倒的に高いと言えるのです。不動産というのはこのようにそれぞれ特性や機能が異なるという点も踏まえ、住宅購入を検討した方が良いと言えます。マンション住まいで 危惧する点があるとすれば同じマンション内での人間関係ですが、一戸建てに関しても近隣の人間と関係を構築しなければならないためこれに関してはほぼ同じとみて良いと言えます。次に挙げられるのは増改築などいわゆるリフォームが可能かどうかという点です。マンションの場合、増築はほぼ間違いなく不可能ですが、改装に関しては可能であることもあります。

Copyright ©All rights reserved.一戸建てとマンションの良さ.